トルコ至宝展

MENU

イベント情報

講演会

<終了しました>
① 3月31日(日)「トプカプ宮殿とチューリップ文化」
講師
ヤマンラール水野美奈子(本展監修者、元龍谷大学教授、国際トルコ美術史学会理事)
時間
14時〜15時30分(開場13時30分)
会場
国立新美術館3階講堂
定員
260名(先着順、申込不要)
料金
聴講は無料ですが本展の観覧券(半券可)が必要です。
<終了しました>
② 4月7日(日)「オスマン帝国皇帝(スルタン)のアートディレクター 山田寅次郎」
講師
和多利月子(ワタリウム美術館役員)
時間
14時〜15時30分(開場13時30分)
会場
国立新美術館3階講堂
定員
260名(先着順、申込不要)
料金
聴講は無料ですが本展の観覧券(半券可)が必要です。
<終了しました>
③ 4月13日(土)「オスマン帝国の帝都イスタンブルとトプカプ宮殿」
講師
鈴木董(東京大学名誉教授、トルコ歴史学協会名誉会員)
時間
14時〜15時30分(開場13時30分)
会場
国立新美術館3階講堂
定員
260名(先着順、申込不要)
料金
聴講は無料ですが本展の観覧券(半券可)が必要です。

担当研究員による展覧会レクチャー

① 4月21日(日) ② 5月8日(水)
時間
いずれも14時〜15時30分(開場13時30分)
会場
国立新美術館3階講堂
定員
260名(先着順、申込不要)
料金
聴講は無料ですが本展の観覧券(半券可)が必要です。

エブル(マーブリング)実演

トルコ式マーブリングの実演を行います。
エブルは粘性のある液体に、色とりどりの絵の具を落とし、水面上に描かれる複雑な模様や図柄を写し取る絵画技法です。
幻想的なエブルの世界。講師による実演をぜひご覧ください。
入退場は自由です。お気軽にお立ち寄りください。

4月27日(土) 3月28日(木)の回は終了しました。
講師
高堀富美子
時間
いずれも13時〜16時
会場
国立新美術館3階研修室
料金
参加は無料です。

Page Topページトップへ