トルコ至宝展

MENU

お知らせ

リクエストにお応えし、GWの人気企画が再び!

2019/05/13

image

「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」もいよいよ20日で閉幕です。5月15日(水)~20日(月)の最終週に特別企画を実施します。

トプカプ宮殿博物館の所蔵品を中心に、そのほとんどが初出品となる貴重な作品がトルコから来日しています。どうぞお見逃しなく!

■5月18日(土)※国際博物館の日 18時~20時限定
あなたも王妃ヒュッレムになれるラストチャンス!

10連休中に大好評だったトルコ風衣装を着てフォトスポットで撮影を!という企画を「国際博物館の日」の18〜20時限定で再び実施します。
本展スペシャルサポーター篠原千絵先生の最新作『夢の雫、黄金の鳥籠』に登場するスレイマン1世と、本展出品作品のスレイマン1世、2つのスレイマン1世が描かれたフォトスポットで、王妃ヒュッレムの気分で記念撮影をお楽しみください。

※5月18日は「国際博物館の日」です。毎年、世界中の美術館・博物館で様々な記念行事が行われています。

■5月15日(水)~20日(月) チューリップモチーフを付けて来場した方にポストカードをプレゼントします。 (絵柄は選べません)

展覧会場はスルタンの栄華を伝える煌びやかな宝飾品や繊細な織物など、見応えある作品が並びます。また、オスマン帝国のスルタンと日本の皇室の交流を示す品々や、明治期の日本美術品を里帰りさせるなど、両国の友好関係も紹介しています。東京会場は5月20日(月)まで。ぜひお出かけください。

※本展は6月14日から7月28日まで京都国立近代美術館に巡回します。

ゴールデンウィーク特別企画!!
4月27日(土)~5月5日(日)のゴールデンウィーク中(5/6を除く)、夜20時まで開館します。

2019/04/17

image

4月27日(土)~5月5日(日)18時~20時限定特別企画

◆あなたも王妃ヒュッレムに!トルコの衣装を着て、スルタン・スレイマン1世と一緒に写真撮影をしよう!

出品作品の銅版画に描かれているスルタン・スレイマン1世と篠原千絵先生の人気作『夢の雫、 黄金の鳥籠』に登場するスルタン・スレイマン1世。 二人のスレイマン1世と一緒に写真が撮れるスポットで、 ゴールデンウィーク中(5/6を除く)の18時以降はトルコの衣装を着て撮影ができます! 両手にスルタン・スレイマン1世。 優雅な衣装を身にまとえば、 16世紀にタイムスリップ。
気分は王妃ヒュッレムです!
※混雑状況に応じて実施を見合わせる場合がございます。

◆運試し!音声ガイドが無料に!

スペシャルアンバサダーの木村文乃さんがナビゲートする本展音声ガイドは、充実した作品解説と楽しいクイズ、有名なトルコの音楽も聴ける盛りだくさんの内容です。
ゴールデンウィーク中(5/6を除く)の18時以降にこの音声ガイドを借りるお客様にはくじ引きを実施。
当たりが出たら無料で音声ガイドをお貸し出しします!

4月27日(土)~5月6日(月・祝)特別キャンペーン・イベント

■ポストカードをプレゼント(5/6まで)

1. チューリップのモチーフを身に着けてお越しの方には、会場入口でポストカードをプレゼント。(絵柄は選べません)

2. スルタン・アブデュル・ハミト2世の花押が入ったROOTOTEのバッグと本展図録を同時にご購入のお客様にポストカードをプレゼント。(絵柄は選べません)

■エブル(トルコ式マーブリング)実演

4月27日(土)13時~16時 3階研修室
エブルは粘性のある液体に、色とりどりの絵の具を落とし、水面上に描かれる複雑な模様や図柄を写し取る絵画技法です。幻想的なエブルの世界。講師による実演をぜひご覧ください!
詳しくはイベントページをご覧ください。

image
image
<開催中止>

トルコ至宝展開催記念 ファジル・サイ ピアノリサイタル

2019/03/29

2019年4月10日(水)午後7時より銀座・王子ホールで予定しておりました「トルコ至宝展開催記念 ファジル・サイ ピアノ・リサイタル」は、再発性の腕の痛みのため演者が来日できなくなり、やむをえず開催中止とさせていただきます。
本公演へのご応募をいただきました皆様に心よりお詫び申し上げます。

■実施要項

日時:2019年4月10日(水) 19時開演 18時開場 終了21時予定

場所:銀座 王子ホール 東京都中央区銀座4丁目7番5号

入場無料。
ただし入場の際に当選通知メールとトルコ至宝展チケットまたは半券をご提示ください。

image

©Marco Borggreve

ファジル・サイ(ピアノ) Fazil Say, Piano

1970年、トルコのアンカラに生まれ。アンカラ国立音楽院でピアノと作曲を学び、17歳でデュッセルドルフ・ロベルト・シューマン音楽院に留学。1992年から1995年までベルリン音楽院で学ぶ。1994年ヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝。同年ベラカーサ財団賞を受賞し、フランスでのリサイタル・デビューを飾る。以来、各有名ホールでのリサイタルに加え、世界一流のオーケストラと定期的に共演するなど、世界各地で活発な活動を展開している。その新鮮で個性豊な演奏が衝撃を呼び、CDも「サイ・プレイズ・モーツァルト」、1人で4手のパートを演奏した「春の祭典」などが大ヒットしてブレイク。01年度エコー・クラシックス賞など数々の賞に輝いた。
作曲家でもあり、ピアノ協奏曲「シルクロード」、「ブラック・アース」をはじめ、多くの作品を書いており、自作曲を収めたCD『ブラック・アース』、『ハーレムの一夜』もリリースされている。2009年には2006、07年に東京・紀尾井ホールで行われたリサイタルのライブDVD、2012年には『展覧会の絵』のCD、DVDがリリースされた。2014年に『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番、ソナタ第32番&月光』と『交響曲第2番《メソポタミア》&第3番《ユニヴァース(宇宙)》』を発売。2016年秋はモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリースし、2017年に4度目になるエコー・クラシック賞を受賞した。2017年に『ショパン:ノクターン集』とニコラ・アルトシュテットとのデュオの『4つの街~チェロ・ソナタ集』、その他リリース。
2014年にサイ作曲の交響曲第1番「イスタンブール」、2018年に交響曲第2番「メソポタミア」が日本初演。
公式ホームページ fazilsay.com

予定演目

モーツァルト: ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331 「トルコ行進曲付」
ベートーヴェン:   ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」

休憩

F.サイ:ユリュエン・キョシュク(歩く家) *日本初演
F.サイ:ブラック・アース
F.サイ:5つのバラード 

ほか

※演目は変更になる可能性があります。

「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」が開幕しました。

2019/03/20

開幕に先駆けて行われた開会式にはスペシャルアンバサダーの木村文乃さんが登場し、約170点のトプカプの至宝と対面しました。木村さんがナビゲートする音声ガイドもお楽しみください。
会期中は講演会やエブル実演など様々なイベントも開催されます。詳しくはこちらでご確認ください。
トプカプ宮殿らしさを随所に感じられる展示空間で、オスマン帝国の至宝を存分にご堪能ください。
image
image
image

トルコ至宝展 特別番組「木村文乃 至宝が誘う悠久のイスタンブルへ」が放送されます。

2019/03/07

トルコ至宝展 特別番組
「木村文乃 至宝が誘う悠久のイスタンブルへ」
放送日時 4月6日(土) 13:00~13:54 BS-TBS

女優 木村文乃がアジアとヨーロッパにまたがる交易の要地であり、多様な文化を受容・融合し、比類ない美を育んできたトルコを訪ねます。
600年の栄華を誇り、実に世界の2/3の富が集まったとも言われるオスマン帝国の象徴、トプカプ宮殿。迷宮のように入り組む宮殿を巡り、様々なエピソードやオスマン帝国のスルタンたちが愛した花「チューリップ(ラーレ)」の物語などを紹介。
他にも、19世紀に日本からオスマン帝国に送られた壺や竹細工、刀など日本とトルコの歴史的背景にも触れた木村文乃が、スペシャルアンバサダーとして『トルコ至宝展』の会場内を紹介します。

番組ホームページ https://www.bs-tbs.co.jp/journey/turkishexhibitionsp/
image

Page Topページトップへ